滑りにくい床材探し。滑り止めワックス

お迎えの準備

犬が決まったら次は必要なグッズと環境を整えていきます。今回は、「床」編の滑り止めワックスです。

我が家は、走り回るリビングはタイルカーペットを敷き、あまり立ち入らない廊下は滑り止めワックスを塗りました。採用したのはリンナイの「スリップ軽減ワックス」です。

タイルカーペットに関してはこちらの記事をご覧ください。

肝心の滑りにくさは、カーペットなどと比べると少し心もとないですが、塗らないよりは確実に滑りを止めてくれています。

ワックスの良いところ

廊下(あまり長時間過ごさない場所)の滑り防止のためのグッズの候補は次でした。

  • 滑り止めワックス
  • タイルカーペット
  • クッションフロアー

クッションフロアーは一面に敷くことになり大掛かりだし、タイルカーペットも、ちょっと掃除が面倒くさい。ワックスはというと、、、

メリット
  • 見た目が変わらない
  • 掃除が楽
  • お手頃な値段で始められる
デメリット
  • 塗るのが面倒くさい
  • 定期的に塗り替えが必要
  • 床の硬さは変わらないのでクッション性はない

う~ん、、塗るのが面倒なのですが、我が家は普段の手入れのし易さを優先し、あまり走る予定ではない廊下はワックスにしました。

どのワックスを選ぶか

メジャーなメーカーから出ているペット用の滑り止めワックスです。

我が家のフローリングはウッドワンというメーカーのものなのですが、不安だったので、どのワックスを塗ればよいかメーカーに確認しました。思ったよりも具体的な回答があり、リンレイの 「スリップ軽減ワックス 」を塗るようにとの回答でした。その前にもう1本ワックスを塗るよう言われました。リンレイの「ハイテクフローリングコート」です。

楽天ビック(ビックカメラ×楽天)
¥1,730 (2024/06/17 20:55時点 | 楽天市場調べ)

心配な方は、メーカーに問い合わせされるといいかもしれません。

ワックスの塗り方

では、ワックスを塗っていきます。

床を綺麗にする

まずは、床を綺麗にします。

リンレイの「オール床クリーナー」で汚れや古いワックスを取り除いていきます。

我が家は汚れを落とすだけなので、 ① 「オール床クリーナー」 を10倍ほどに薄めたもので床を磨いていき、② その後、2回水拭きします。

古いワックスを落とす必要がある場合は、古いワックスを落とす感じで綺麗にしていきます。やり方は裏側に記載してあります。

フローリングコートを塗る

次は、リンレイの「ハイテクフローリングコート」 を塗ります。初めての時は2回塗るのが良いと書いてあるため、その通りにします。

楽天ビック(ビックカメラ×楽天)
¥1,730 (2024/06/17 20:55時点 | 楽天市場調べ)

次の手順で塗っていきます。

① ワックスを塗る

② 30分乾かす

③ ワックスを塗る(2回目)

④ 30分乾かす

同じ方向に均一に塗っていきます。

滑り止めワックスを塗る

次は、 いよいよリンレイの 「スリップ軽減ワックス 」 を塗ります。こちらも、初めての時は2回塗るのが良いそうです。

こちらも次の手順で塗っていきます。

① ワックスを塗る

② 30分乾かす

③ ワックスを塗る(2回目)

④ 30分乾かす

同じ方向に均一に塗っていきます。

それでは、仕上がり具合です!光沢がすごいです!

子犬を歩かせてみましたが、滑っている様子はありません。走らせてはいないので、どこまで滑り止めが効いているかは分かりませんが、満足な仕上がりです。

塗るのにかかる時間は?

では、ここまで全部行って、どれくらいの時間がかかったかというと、

  1. 事前の掃除に30分ほど
  2. 一つ目のワックスが、塗り時間15分+乾かし時間30分を2回なので、合計1時間30分
  3. 二つ目のワックスが、塗り時間15分+乾かし時間30分を2回なので、合計1時間30分

合計3時間30分でした。実際はもう少しグタグタでしたので、半日くらいです。結構かかりますね。

一番のデメリットの面倒くささですが、正直に言うと面倒くさいです。けれど、水拭きをしてみると、かなり汚かったので、掃除を兼ねていると思えば、許容範囲です。

床材に迷われている方の参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました